Sachsenwerk 13cm

小田原に転居しようやく思う存分音量を気にせずにSPをフル稼働させています。以前平塚のT様に納品し好結果を得たタンベルク13cmの経験から本ザクセンが気になっていました。
吾システムの定番のテレフンケン5”をこのザクセン13cmに交換してほぼ半年聴きこみました。
最近遠方より視聴に見える方が続き、マーラーなどの結構フィールド型では難しいCDを持ち込まれ、ザクセン13cmでは高音の伸び、中音域のもやもやが気になるようになりました。
季節も良くなったので二日がかりで工事をして、ザクセン13cmを元のテレフンケン5”に換えてみました。

いきなり高音がエンドまで伸びて、同時に新盤CDの重低音が出るようになりました。(要はドンシャリ系になったということです)。

失礼ながらアルニコのハイエンド(GOTO、タンノイ、アルテック、JENSENなど)をお使いの方々には感激していだだけるのではと一時装置のチューニングを完了しました。

CD,アナログ、FM、いずれの音源もチェックしこれで予約待ちのお客様にお聞かせできるはずでした。

その夜、半分まで見ていたDVD「ドンカミロ頑張る」の続きをかけましたが、フェルナンデルの声が変です。
のぺーとしていて喉の奥に引っかかりながら出てくるがさつきが出てきません。耳障りと色気の丁度境目の声が聞こえていたはずでした。

翌日からまたまた二日がかりで工事をして、結果が出ました。
当方のリファレンスであるテレフンケン12”ダブル+5”にザクセン13cmを控えめに足したものが最もよい結果となりました。
勿論、テレフンケン5”は1μFから0.5μFに、ザクセンはテレフンケン12”の後ろに後退させ、高さも以前の1.2mから0.6mに下げ、KT88ppからL6Lppに変えるなど微妙な調整が必要でしたが。

今はフェルナンデルの声も生々しく、CDでマーラーの5番を(装置のチェックのためでしょうか、このCDのリクエストが結構あります)かけても没入できる音になりました。

昨夜フラグスタートのSP音源のCDを300円で落としたのでテレフンケン5”の再調整に挑みます。

新しい住所です

仮住まいですが、ようやく思う存分に音を出すことができる閑静なリスニングルームが出来ました。それなりの納得の行く表情でオペラ中心に聴いています。いつも灯を入れているシステムは、12”テレフンケンフィールド型ダブル+13cmザクセンベルクをスーパーツィーター的に足しているものです。サブでは、テレフンケン8”フルレンジ一発用響板バッフルにTRUSONIC 8"を入れてJAZZを楽しんでいます。秋には商品化する予定です。オーガンジーも在庫がありますので、お気軽にお立ち寄り下さい。今秋アルニコモデルを新発売する際にはURLもリニューアルする予定です。

現住所: 〒250-0208
神奈川県小田原市下大井163-4
電話 0465-46-8433
FAX 0465-46-8434
大澤孝道

永らくご無沙汰いたしました

Axiom80
2012年4月藤沢に戻りました。
現在は10畳の洋間で鳴らしています。
度重なる引越しで塗装皮膜が傷んでしまいました。漆ですからメンテをかければほとんど元に戻りますが、
商品としてはキズものです。
高価なフィールド型では問題有りです。
そこで試しに鳴らすことが難しいことで有名なGOODMANS AXIOM80を取り付けて見ました。
これが飛んでもなく良いです。
部屋の制約と隣接しているご近所とのかねあいでフィールド型をバンバン鳴らすことはできませんが、
この手のユニットを鳴らすには最適です。
是非一度ご試聴下さい。
380,000円/ペア。
Axiom80unit

委託販売予定品シーメンスパワーアンプ+テクニクスプリA30


先般メンテのご依頼を受けたEMT930が完成しました。この930については改めてレポートしますが、別途929アーム修理(改造されていたものをオリジナルに戻しました)及びモノラルカートリッジの購入代金の一部として画像のシーメンスアンプ(10Wx10Wモノラル2台)及び往年の名機テクニクスA30が持ち込まれました。来週当社アンプ技術者のところへ持ち込みます。当社で完全動作品に修理メンテしたのち販売予定です。希少品ですのでご興味がおありの方はお問合せ欄よりご質問下さい。
Technics+30A_convert_20110522153318.jpg
   
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR